©Copyright(C)  Hirohama Corporation. All rights reserved.

ごあいさつ

昭和22年広浜製作所として創業した広浜重治元社長の夢は「いずれはメーカーになる」ということでした。

当初は当然ながら下請け仕事のみ。その中で描いたビジョンは、現在に至るまで㈱ヒロハマの精神として息づいています。

JIS(日本工業規格)の制定から始まり、各種新製品の開発・知的財産権の取得・品質レベルの向上、そのすべてがメーカーとしての存立基盤を確立するために必要不可欠なことでした。

 

これからも私たちはメーカーとしての気概を持って、「缶」の持つ大きな社会貢献性を全面的に支援するという使命を、あくまでも真摯に果たしていきたいと念願しております。

 

品質・コストダウン・供給責任・品揃え・技術支援・提案営業は、そのための必須事項。すべてにわたって限りないレベル向上をはかって参ります。

代表取締役社長 

​広浜 庄一郎